ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

可愛い訪問客。

カカ様が 「 アッ!! 」

目をやると、腕のほうで緑色の何かが動いていました。
よーく見ると..

 insect

今日の可愛い訪問客。 カマキリの赤ちゃん!!!!!
こんなに小さいのを見るのは初めて。
このまま大きくならなければ良いのにね。

大きいのは触れないけど、このくらいなら平気。
捕まえようとすると、指先へ逃げて行く。
優しく両手で捕まえ、お庭に放してあげました。


 insect

以前、 ナナフシの記事 をアップしましたが、
ナナフシのことを沖縄の方言では ''ソーローンマー'' と言う。
では、カマキリは?
ちょっと気になったので、検索してみました。

イサトゥー、またはイシャトゥー 。
宮古方言:サート
八重山方言:ガギチャ

同じ沖縄でも北と南、島によって方言が異なるのは面白い。
まぁ、地元の人も殆ど使うことのない方言も多いけど。

カマキリって、縁起の良い虫なんだね。

カマキリは、胸の前でカマをそろえるポーズが「祈り」を連想させるとして、日本では古くから“オガミムシ”などと呼ばれています。英語でも、「Praying mantis 祈り虫」と言います。 また、カマキリにイボを咬み切らせる、あるいはカマキリをすりつぶしてイボに塗るという薬効から、イボムシなどの異名が残っています。 古来から地域ごとに呼び慣わされてきた地方名や方言は、その地域の暮らしに根づいた言葉であり、大切にしていきたい文化です。
 ( 日本自然保護協会カマキリの話:自然しらべ2008 「カマキリ」 より。)

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する