ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

タバスコでコーレーグース。

 sauce

右は、市販のコーレーグース。
左は、旦那さんが買ったタバスコの苗を私が育て、
泡盛に漬けた なんちゃってコーレーグース。

旦那さん、自分で苗を買ったことを忘れてたんだよ!
アッツイのにさぁ、水やって、でんでん虫駆除して.. 大変だったんだから〜。
タバスコは辛いはずなのに、虫に喰われてあんまり収穫できなかったけどね。

私はキムチとかは食べるけど、
辛すぎるのはダメなので、味の違いのレポートは無理ですが.. 

コーレーグスとは、沖縄産の島とうがらしを泡盛に漬け込んだ沖縄県の調味料である。コーレーグースとも呼ばれる。調味料の原料の島とうがらしもコーレーグスと呼ばれる。
= 用途 =
コーレーグスは沖縄そばの薬味として欠かすことの出来ない卓上調味料である。沖縄県ではほとんどの食堂のテーブルに置かれている。チャンプルーなどの料理にも隠し味として使用される。調味料としては粘度が低い上に非常に辛く、泡盛のアルコールによる刺激も強い。軽い気持ちで振り掛けるとスープが飲めなくなることもあるので注意が必要である。 漬けた島とうがらしはコーレーグスジャキと呼ばれ、サラダなどの薬味に利用できる。
= 製法 =
水洗いし2日ほど陰干した島とうがらしを3週間程度、泡盛に漬ける。使用する泡盛は高価な古酒である必要はなく、安価な新酒で構わない。泡盛に酢を加えたものや、泡盛の代わりに酢を使用したものもある。液が濁ってきたら中の唐辛子を捨てると長持ちする。 食品メーカーで製造されているコーレーグスも多く流通しているが、島唐辛子を泡盛に入れるだけで簡単に作ることができるので、沖縄では自家製のコーレーグスも作られている。
 ( wikipedia → コーレーグス より。)

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
[ 2015/07/24 23:00 ] 美ら島 沖縄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する