ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

通訳マシーン。

午前中はカカ様の用に付き合い、
先日 旦那さんが作ったシーサー の色塗りするため、
倶楽部ハウスに行ってきました。

準備されていたペンキの色は茶色、白、黒、赤。
みんな、色を混ぜることは頭になかったみたい。
私が白と赤を混ぜてピンクを作ったら 「 おぉー! 」 ..と。

それは、どうでもいいの。

旦那さんのセンスの無さに、ガッカリよ。

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)
 paragliding   paragliding   paragliding

ベースは茶色ではなく白。
タテガミを全部赤にするのかと思いきや、所々黒にしたり、
かと思ったら 「 やっぱり気に入らない! 」 と言い出し、また白に塗り直し..
誰よりも時間がかかったわりに中途半端に終了!
顎の赤いテンテンは、髭なんだって。
よくわかんねぇー。  ブサイクすぎる。


今日は、私には風が強くて練習できず。
そんな中、立ち上げ練習をし始めたアメリカ人のKさん。
お腹がまんまるで、100キロはあるかという体型。
その体型に、飛ばされないという自信があったんだろうね。
ところが、Kさんは強風に煽られて1メートルほど浮き、
後ろに流されて停まってた仲間の車にドーンと衝突。
怪我はなかったし車も大丈夫だったけど、
ラインの被服が剥がれちゃったみたい。

陽も暮れかけ、倶楽部ハウスの中でビールとツマミで盛り上がる仲間たち。
旦那さんはみんなにビールを勧められたが、
家では高齢者2人が待ってるから私は帰りたい。
帰るつもりで車に向かうが、旦那さんの足が重い。
「 飲みたいの? 」 と聞くと、 「 うん。」 遠慮しがちに答える旦那さん。
「 じゃぁ、1本だけね。」 と倶楽部ハウスに戻った。

旦那さんは、何処に行ってもみんなから愛されるキャラクター。
それは有り難いんだけど、私の乏しい英単語力での通訳は大変!
みんなの話しを漏らさないようアンテナを張り巡らし、
頭の中は英語→日本語、日本語→英語.. フル回転!!
私は1個の人間ではなく、通訳マシーンなのだ。
人が多ければ多いほど頭と気を遣う。
私もみんなとユンタクを楽しみたいのに、
私の存在は通訳器にしかすぎない。
これがかなり苦痛で、短い時間でも疲労困憊。
誰か、私にも気を遣ってよ! って思うんだけど、
旦那さんもみんなも楽しそうにしてるのを見ると言えないじゃん。
旦那さんを立てるために頑張ってんだよ!
疲れる。 疲れた。
限界があることを知って欲しい。

帰宅して、両親をホームに送って1日終了。

早く旦那さんに運転免許証を取らせて、日本語の勉強もさせなきゃ!
私の体が保たないよ〜。

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する