ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

緊パラのリパック。

( jumee in 沖縄。ただ今、里帰り中! )

緊パラ(緊急パラシュート) の点検&リパック講習(?) を受けてきました。

去年の3月にも、PA(ペンシルヴァニア) のパラグライディング•スクールで
リザーブ•クリニック(緊パラの講習) を受けたんだけどね、
こういう大切なことは何度でも! 
 ( リザーブ•クリニックの記事は → コチラコチラ 。)

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)
 paragliding   paragliding

去年リザーブ•クリニックを受けた時、ワタシはリパックしなかったの。
緊パラは出したけど、開かずにそのまま収納場所に戻し、
他の人のやってるのを見てお勉強しただけ。
今回はしっかり自分の緊パラを開いて、リパックしてもらいました。
単純な作業っちゃ単純だけど、緊パラはデカいから1人で作業するのは無理!

でね、見てるとなーんか.. なんだろう?
リザーブ•クリニックでは丁寧、綺麗に畳んでいたのに..
「 えっ.. そんなんで良いんですか? 」 ..みたいな。

「 いいの、いいの! 適当で良いの。
 沖縄では、緊パラなんて使えないから。」

..というのは、沖縄でのフライトは、
高度が低いから緊パラを出しても間に合わないのだとか。
実際にTKRさんは、
地面から10mくらいの高さまで落ちてきてやっと緊パラが開いたらしいです。

うーん.. 複雑な気持ち。

因に緊急パラシュートは、背負ってるハーネスのどこかに収納されています。
"ハーネスのどこか" というのは、
商品によって収納されてる場所が違うのです。
背中の部分だったり、お尻の部分だったり..
で、接続されているハンドルを引っぱると、緊パラが飛び出す仕組み。
ワタシのお古のハーネスは、ハンドルが左肩あたりに付いていて、
引っぱると背中から緊パラが飛び出す仕組みでしたが、
新しいハーネスは、右のヒップあたりに付いていて、
ハーネスの底から緊パラが飛び出る仕組み。

ね!? 何かトラブルがあった時、開いてもらわないと困るんですけど..

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

明日は、カカ様を病院に連れて行く日。
多分、血液検査の結果が聞けるのかな?
来月3日には、また別の検査をするらしいんだけどね。

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking

タグ : 緊急 講習 大切 勉強 単純 適当 複雑 収納 商品 トラブル

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する