ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

ココロにビタミン補給。

毎日トドになってた jumee 。
「 このままじゃアカン! 」 と、旦那さんについてジムに行ってはみるものの、
なかなかテンションが上がらず。

昨日は久々に気温がプラスになり、
空気は冷たいけど日差しがポカポカ暖かい。
こんな日だったら、外で体を動かしたほうが気持ち良いはず。

「 寒い! 」 と乗り気じゃない旦那さんを説得し、
パラグライディングの機材を車に詰め込んで近所の公園へ行ってきました。

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)
 paragliding   paragliding   paragliding

あぁ..ぁぁ.. 気持ちえがぁ〜。
 ( 左と真ん中は、旦那さんが撮影したもの。
   右は旦那さん。自分の機材が汚れるのがイヤで、ワタシの機材でカイティング練習。)


暖かいとは言っても、家を出た時は2〜3℃。
お昼ごろには7℃くらい。
"ピクニック日和" とまではいかないが、体を動かすには丁度良い。
ただ、雪が融けたあとだから地面が柔らかかったの。
それでも! 機材があまり汚れない場所を選んで約2時間くらいグラハン練習。
ココロもカラダもスッキリ。 やっぱり、パラ無しでは生きてゆけなーい。

でね、練習している間に何台かのパトカーが公園を巡回してたんだけど、
1台のパトカーが近くに停まり、警官がコチラにやって来た。
ドキドキ.. ドキドキ..

警官:許可は得ているのか?
旦那:実家にしばらく滞在している。 
   飛ぶつもりはなく、立ち上げの練習をしているだけなんですが..
警官:じゃぁ、パラグライディングのライセンスは持ってないのか? 
旦那:ライセンスは持っています。 
警官:あいつらとは一緒じゃないのか? 
旦那:あいつらって? 他にもパラグライダーが居るんですか? 
警官:おぅ。 あっちの方から飛んでるぞ。 
   詳しいことはわからないから、あいつら訊いてみてくれ。

..と言う話しをしたらしい。
ちょっと離れた場所で練習をしていたワタシはその会話は聞いておらず、
旦那さんと警官がパトカーに向かって歩き出したのでビビった。

あぁ、何か違反チケットでもきられるのか。

ワタシが心配そうな顔で突っ立っていたら、警官が..
大丈夫! これから夏にむけて、 (アナタが飛べるよう) 仲間を紹介してやるから。」 ..と。

なんて良心的な警察官なんだ。  有り難い!!
オハイオで、それもうちの近くで飛べるなんて思ってもみなかったし、
暖かくなったらペンシルヴァニアへ飛びに行こう! って話したとこなんだよね。
もちろん、PAの仲間も恋しいけど、遠過ぎて簡単には遊びに行けないもん。

で、警察官の言う “あいつら" は、パラグライディング倶楽部みたいなもので、
その倶楽部の代表(?) 2人の連絡先を教えてくれました。
それも、代表の1人は警察官なのだそう。

その後、教えてもらった場所へ行ってみました。
風が弱めだったから飛んでる人は居なかったけど、
パラモーターのステッカーが貼られた車が駐車場に停まっていたの。
しばらく待って、メンバーの2人とお話することができました。

メンバーの殆どはパラモーターのパイロットなんだって。
でも、パラグライダーも飛んでるって。
また日を改めて、飛んでそうな日に行ってみようと思ってます。

いや〜、グラハン練習もできて、仲間にも出会えて、良い1日になりました。
ちょっと "やる気" 出てきたかも。
でも、張り切りすぎたみたい。 腰がめちゃくちゃ痛いっす。

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する