ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

実家のニューフェイス。

7歳のジャック•ラッセル•テリア vs. 9ヶ月のグレート•デーン×2

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)
 dogs   dogs

旦那さん実家の新顔、マックス(♂) & ライリー(♂)
確か、生後2〜3ヶ月頃やって来たんじゃないかな。
頭が、すでにワタシの肘〜肩あたりまで成長。
後ろ足で立つと、ワタシより大きいはず。
まだまだ大きくなるよ。 先代は、100kg くらいあったからね。

グレート•デーンは、大型犬の一犬種。大きな体格と穏和な性格の家庭犬として知られる。 「優しい巨人」、「犬の中のアポロン神」と言われ、ジャーマン•マスティフと呼ばれることもある。アイリッシュ•ウルフハウンドと並び最も体高がある犬種であり、最近まで最も背の高い犬としてギネスブックに掲載されていた。1965年にペンシルベニア州の州犬となる。
 ( wikipedia → グレート•デーン より。)

へぇ、ペンシルヴァニアの州犬なんだ。

断耳したんだけど、なかなか耳がピーンと立たなくて諦めたのだとか。

断耳はアメリカでは一般的だが、ヨーロッパではあまり実施されていない。イギリス、デンマーク、ドイツ、オーストラリアやニュージーランドの一部の地域などでは、健康上やむを得ない場合に獣医師が行う場合を除き、断耳は禁止あるいは制限されている。 断耳は、狩猟時にオオカミやイノシシに耳を噛まれたり、引っかけられたりするのを防ぐことがそもそもの目的だったが、現在では、ショードッグとして王侯貴族のような威厳に満ちた外観を表すために断耳されている。断耳しないグレート•デーン本来の垂れた耳は上の写真で見ることができる。

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking

タグ : ジャックラッセル ジャックラッセルテリア テリア グレートデーン 実家 成長 ペット わんこ

[ 2014/02/23 23:00 ] BoW WoW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する