ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

パラグライディング【10月19日/29日】

10月19日 (土曜日)
スキー場とは別の山で練習。
この日も jumee☆夫婦は数時間遅れて参加。
参加者は、 jumee☆夫婦を含めて9人 + ハングライダー2人。
風が強く、弱まるまでふもとのほうでカイティング練習していました。

ワタシは、捻挫が完治してなくて、
テーピングしてたけどランディングに自信がないし、
ランディングに失敗してまた痛めてたら困るし..
なので、飛ばずに10分ほどカイティング練習しました。
あとは、ピックアップ•ドライバー。

旦那さんは、約35分のフライト1本。
ポツポツ雨が降ってきたので降りてきたけど、
他のパイロットは多分45分〜1時間くらい飛んでたはず。


10月29日 (火曜日)
10時から山(スキー場) で練習。
旦那さんが用事を済ませ、2時ごろ山(スキー場) に到着。
イントラ、タンデム•パイロットのTさん、
初めてマウンテン•フライトに挑戦する生徒が1人、そして jumee☆夫婦。

マイルドなコンディション。どちらかと言えば弱めだったかな。
飛ぶかどうか悩みました。
風の弱い日は、ギリギリの高度で降下する可能性があるので、
障害物(木、電線、小屋、池など) をクリアできる自信がありません。
でも、イントラの奥さんが、奥さんのハーネスを貸してくれたんです。
せっかくなので飛ぶことを決心し、
テイク•オフの準備をしたんだけど無線機にクリップが付いてなくて、
ハーネスにもヘルメットにも引っかけられなかったの。
無線機無しでは飛べないし、
イントラの指示が無いと何処にランディングするかわからないもん。
なので、飛ぶのを諦めました。

で、何故奥さんのハーネスを借りたかと言うと..
ちょっと前、練習中にリザーブ(緊急パラシュート) が飛び出ちゃったんです。
リザーブを出すには、ハンドルを引っぱって引き出すんですが、
ハンドルを触ってないのにポロっと出てきてビックリ!!
そのおかげで、リザーブの収納ポケットの金具がサビついてるのに気づきました。

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)
 paragliding   paragliding   paragliding

錆びてたら、いざと言う時に金具が抜けず、
リザーブを引き出せない可能性もあってとても危険!!
サビを落すまでは、このハーネスで飛びたくなかったんです。
それで、イントラに連絡を入れ、イントラの家に寄って
練習用のリザーブ付きハーネスを借りることにしました。
そしたら、どれもワタシには大きくて、
それで奥さんが奥さんのハーネスを貸してくれたの。

奥さんのハーネス、メチャクチャ軽いっ!!
ワタシのハーネスは、9キロもあるんだよ。
機材を揃える時は、奥さんと同じメーカーにしよう。

因に、右の写真に移ってる黄色いのが、リザーブを引き出すハンドルです。
ハンドルを引っぱると金具が外れて、リザーブが出る仕組み。
リザーブは、肩に近い背中の部分に入っています。


 paragliding

今日、 Cerebral Palsy (脳性麻痺) の女性(60歳前後)
タンデム•フライトを体験しました。
きっと前回筋萎縮性側索硬化症の男性がタンデムに挑戦し、
夢を叶えたニュースを見たのでしょう。 ( Gさんが飛んだ日の記事は → コチラ 。)

Gさんとは違って彼女は全く歩けず、
手や足を動かすことも真っすぐ座ることもできません。
前回と同じ方法で、無事にテイク•オフさせることができました。
風が弱くて浮くまでだいぶ走りましたが、
彼女が軽かったため、担いで一緒に走った旦那さんは前回より楽だったとか?

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する