ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

パラグライディング【8月30日/31日】

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)

【 8月30日 】
2時からフィールドで練習。
参加者はそんなに居なかったんだけど、
イントラがSサイズの機材を持ってくるのを忘れて、
旦那さんのLサイズでカイティング練習したら突風にあおられて転倒。
で、カイティング練習は諦めました。

ずっとトーイングの紐の運び屋をしてたんだけど、
風が少し弱まった頃に旦那さんが 「 Mサイズで飛んでみるか? 」 ..と。
最後に1本だけ飛びましたが、やはりちょっぴり風が強く、
時々突風が吹きつけるなか何度か旋回しながら少しずつ下がってきました。
ところが、Mサイズの機材を使ってたために
一時前に進まず、下がらず、 ホバリング状態。
丁度林の上に居たので、ツリー•ランディングだけは避けたい。
ちょっと焦ったけど、無事にランディングできました。
ただ、ランディングしたかったポイントからちょっと外れてしまったの。
半径10〜15m 以内の指定地ランディングを目指してる jumee 。
山ではLZ(ランディング•ゾーン) が狭い上に障害物が多いからね。
決めたとこにランディングできるようにならないとっ。


【 8月31日 】
3時ごろにはお天気が崩れるということで、
この日はちょっと早めに10時からフィールドで練習。
この日も風が強く、全員スピード•バー(アクセル) の準備をして飛びました。

参加者が多かったし、練習時間が短かったから飛べないだろうと思ってたけど、
1本だけ飛びました。
何度か旋回し、この間パスした "Big Ears" をするようイントラからの指示。
急な指示だったので、どのラインを引くのか一瞬思い出せなくて焦ったね。

そのあと、 スパイラル をやったの。
下の動画 ↓ を見るとすごい角度で回ってますが、
自分ではどんな風に飛んでるのかわからなかったよ。
家に戻ってからスパイラルの動画を探したんですが、動画を見て
ヒャァ〜、ワタシ、こんなスゴイことやったんだ!
..ってビックリしちゃった。

一方向への大きなバンク角を維持する急旋回のことをいう。急旋回による大きなバンク角と速度の増加に伴い、非常に早い降下が可能であるが、急激な取り止めや方向修正を行う事はできない。従って有効な降下手段であるがそのリスクも大きい事を認識しておく必要がある。沈下速度は6~15m/Sと、その能力はパイロットの力量で大きく変わってくる。
 ( パラグライダー用語辞典スパイラル/spiral より。)



YouTube → How to spiral

実技科目は全てパスしたので、
あとは Knowledge Test (知識テスト) にむけ、教本読まなければっ!!
あっ、英語の教本じゃないですよ。
英語だったら、読み終わるのに何年かかるかっ。
取り敢えず、日本語の教本を頭に叩き込みます。
あとは英語のパラ専門用語を覚え、
イントラの質問から知ってる単語を拾って適当に答える.. という作戦。
ハハハ.. アメリカ生活も15年になるというのに、こんな調子。

でもなぁ.. 本を読むと、すぐに眠くなるんだよなぁ。

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する