ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

パラグライディング【5月18日】

先週の土曜日、新しい生徒に混じって練習してきました。

時々突風の吹くなか、トーイング(牽引フライト) 練習にうつりました。
ワタシは突風に弱いため、飛んでる人の様子をみていたわけですが、
何人目だっただろう?
60前後男性がパニックに陥り、操作ミスで5〜6m の高さから落ちました。
ドスンっ! かなりの音がしたし、なかなか動く様子がみられなかったので、
一瞬 「 ダメかも.. 」 と思ったよ。
でも、ビッコをひきながら自分で歩いてましたが、
動きによっては腰に激痛が走るって言ってたのだそう。

小雨が降っていて、休憩タイムで珈琲でも飲みに行くか、ということになり、
みんなそれぞれお店へ向かいました。
落ちた男性はずっと車で座ってたので、
1人にはできないと、旦那さんは残って話し相手になり、
ワタシは珈琲を買いに行ってきました。
ところが、戻ってきた時にはその男性は居らず、念のため、病院へ向かったらしい。

夜、旦那さんが男性の携帯に電話をかけたら、その男性はまだ病院に居て、
検査結果は腰の骨(?) にヒビが入ってるとのこと。
不幸中の幸いというか、
まぁ、危険なスポーツだということを承知でみんなやってるわけなんだけど..
落ちるのを見るたんびに弱気になってしまいます。


さて、練習が再開し、無事に2人の女性が飛びました。
そして、次に飛んだ男性はパニックに陥ったのか、
インストラクターの指示が聞こえなかったのか、突風に流され、
ものすごい音と勢いで林に突っ込んでいきました。

( マウスを画像に合わせるとポップアップし、マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)
 paragliding   paragliding

えぇ、ツリー•ランディングです。
すごい勢いだったから、林を抜けて電線に触るんじゃないかと、
一瞬不安がよぎったけど、ギリギリのところで止まっていました。

去年、 ワタシがツリー•ランディング したとこの反対側あたりです。


 paragliding   paragliding

インストラクターがハシゴを借りに行き、
引っかかった人を救出しようとしてたら、
はしご車や救急車、パトカーが次々と到着しました。

この引っかかった人は、父親や伯父さん(?) も一緒に来ていて、
多分父親が "911" に電話したみたい。
でもね、そのほうが安全で良いですよ。
ワタシの時は、時間をかけて自力で降りたもん。 めちゃくちゃ怖かったし。


 paragliding   paragliding

消防士は引っかかった男性を救助し、
再び上の方へ上がっていったので、機材もおろしてくれるんだ! って思ってたら、
最初に救助したひとは、引っかかった男性を救助しようと登っていった人だと思い、
引っかかった男性は、まだ上の方に居ると勘違いしたようです。

結局、機材は一晩あのままで。
ついでだから、機材を下ろしてくれてもいいのにね。
あくまでも、救助がお仕事ということですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日のBBQパーティー、旦那さんだけ行ってもらいました。
持ってくお菓子も作って、出掛ける準備もしたんだけど、
引っ越しの荷造りで疲れてたし、少しでもカラダを休めたほうが良いと思って。
荷造り作業は、まだまだありますもん!

そして、今日も頑張りました。
明日も午前中は荷造り頑張って、午後はストレス発散してきます♫

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する