ゆんたく☆ありんくりん。

喜怒哀楽、感じた事を感じたままに..

パラ☆助手【8月19日】

昨日の記事 の続きです。

さて、数日にわたり何度も何度も話し合った末、
パラグライディングを止める ことに決めた jumee☆夫婦。
止めると決めたのに未練タラタラで、
寝ても覚めてもパラのことばかり考えていました。

最初は大反対だった私が、ここまでハマるとは..
自分でもビックリ! かなりのパラ☆中毒です。

週末になると 「 今週末はどうする? 何処へ行く? 」 という話しになるんですが、
まったく盛り上がらず、溜め息ばかり。
日が経つにつれ、パラへの想いは募っていきました。
もちろん、旦那さんも同じです。

それでも 「 止める 」 と決めたのだからパラのことは語らず、悶々とした毎日..
しかし、3週間で限界に達し、再び夫婦会議が開かれました。

危険を覚悟で続けるにしても、やはり安全を第一に考えなければなりません。
「 風が強い時、風向きが定まらない時、不安や迷いがある時は無理して飛ばない 」 
という約束を旦那さんと交わし、何か良い練習法がないか、
「 インストラクターに相談してみよう! 」 ということになりました。

そして8月19日..
最後の練習から約1ヶ月ぶりに練習に行ってきたわけです。
ところが!! ( 19日の記事 にも書いてあるんですが.. ) 
この日は初めての参加者が多く、機材が足りなくて指導のお手伝いにまわりました。

機材は5〜6セットしかないので、参加者が多い時は交代で練習をします。
グライダー(ウィング/翼の部分)
ハーネス(バックパックみたいなもの) にはサイズがあり、
身長/体重に合ったもので練習するので、
2〜3人でシェアしなければないこともしばしば。
そんなわけで、この日は結局カイティングの練習もできなかったよ。

で、練習が終わってからインストラクターと話し合いました。
まぁ、パラが危険なスポーツだということにかわりはないし、
とにかく無理せず、私たちのペースで進めていくことになりました。


( マウスを画像に合わせるとポップアップし、
    マウスを外すかクリックすると画像が消えます。)

 paragliding

この日、練習に参加した新しい生徒さんたち。
確か.. もう1人居たんだけどな。 写ってませんね。
あとは、参加者の家族や指導のお手伝いをしたアドバンスの生徒、
みんなで20人くらいは居たかも。
ニギヤカで、楽しかったです。

一番左のお兄さんが、7月22日の練習で落下してしまったSさん。
Sさんも約1ヶ月ぶりの参加で、足はすっかり良くなったそうです。
新しい、頑丈そうなトレッキングシューズを履いていました。

そして、Sさんの隣に写ってるのが、この日旦那さんが基礎を教えた生徒さん。
カナダ出身で、ペンシルバニアの大学を卒業したばかりなのだそう。
旦那さん、可愛いおねえちゃんを相手に、鼻の下が伸びてましたよ。

                        いつも応援ありがとう。jumee��faceA204Ljumee��faceA204R
                    jumee%81%99ranking1Ljumee%81%99ranking1R  blog ranking

タグ : 未練 反対 中毒 限界 覚悟 約束 相談 機材 スポーツ ペース

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する